ナンパでよくある失敗例と対策

ナンパ

ナンパ生活上手くいっているでしょうか?

「日々のナンパがなかなか上手くいかない」
「どうしても好みの女子を落とせない」

といったことがネットの口コミでも見受けられるところです。

しかし、ナンパの失敗例を知っておくことで対策が取りやすいですし、ナンパ成功に向けて大きな一歩となるでしょう。ナンパがなかなか上手くいかない! というナンパ初心者にとっても、失敗例を事前に知っておくことで回避しやすいですよ。

スポンサーリンク
7日間無料!sanmarusanマッチング

ナンパでよくある失敗と対策

さっそく具体例を交えつつ、ナンパでよくある失敗と対策を見ていきましょう。

相手の言葉を拾わない

相手の女の子が言った言葉に対して、反応するようにしたほうがいい反応を引き出しやすいでしょう。

たとえば「今忙しい」という女の子に対して、「いいじゃんちょっとだけ」「3分だけお茶しよう」などと声をかけていませんか?

こうした自分勝手な言動は相手の女の子に負担をかけてしまうだけなので、「これから遊びに行くの?気をつけてね」と優しく見送ることも時には必要です。

ナンパを楽しむ心を忘れる

ナンパを心から楽しめていないと、相手にも伝わります。

「うわぁ、この人テンション低いな」と思われてしまうと沈黙にも繋がってしまいますし、「この人と遊んでも楽しくなさそう」とナンパの成功率にも影響してきそうです。ナンパを成功させたいなら、楽しい会話を心がけたいですね。

逆にノリが良いと、女の子も自然と返答しやすい雰囲気になります。

「これからショッピングに行くんだ~」と楽しげに話してくれるようになるまで反応を引き出せれば、たとえアポに繋げられなくても楽しい思い出になるでしょう。

いずれにしても、ナンパが楽しめないと会話が上手くいきません。おどおどした態度は相手の女の子も不安にさせてしまうので、上手くいかない日は素直に休むことも大切でしょう。

清潔感がない

「そもそも見た目が無理!」という場合にも、ナンパの成功率が上がらないことになります。

人は第一印象で9割決まってしまうので、最初の1秒の印象を良くするためにも清潔感が欠かせないのです。

もちろん、お風呂に入る、爪を切る、髭を剃るなどの対策は必要最低限ですが、プラスして笑顔を心がける、香水(きつすぎないもの)をつける、脱毛に通うなどでも清潔感を出すことができるでしょう。

もっと発展的なナンパを楽しむためには?

上記の基礎的なことを抑えた上で、もっと発展的にナンパを楽しむコツを見ていきましょう。

ターゲットを絞る

「自分がどういった層に受けやすいか」分かっていますか?

たとえばギャル系に笑いが受けるとか、原宿系のほうがいいとか、そういったことです。

誰彼構わず声をかけていても成功率は高くなりませんが、ターゲットを絞ることでトークも洗練されていきますし、自分が受けやすい属性を見分けることによるメリットは大きいものですよ。

スト高ばかり狙わない

いわゆる「即系」と呼ばれる、すぐエッチできる女の子も狙っていきましょう。

スト高というのはレベルが高い女性のことで、通常ナンパで落とすのは困難ですが初心者ナンパ師は狙いがちです。

そうではなく、ゆっくり歩いている、服装がだらしない、髪が傷んでいるなどの特徴を持った即系女性も狙ってみてください。

アプリでナンパできる時代

ここまで読んできて「自分ってナンパに向いてないのかなぁ、、」と考えてしまう方もいるかもしれませんね。

ですが、ちょっと待ってください。

ネットのアプリでナンパできることをご存知ですか?

今の時代にはネットナンパが主流となっており、sanmarusanなどのアプリを賢く使えば素人女性が入れ食いの時代です。

こちらのサービスは定額制で月3000円くらいしかかかりませんし、キャンペーン中は無料で出会うこともできますよ。ぜひリアルのナンパに抵抗がある人も試してみてくださいね。

コメント