ナンパをするときに気を付けたいこと3つ

ナンパ

危険なナンパをしてしまっていることはありませんか?

春はナンパの季節ということで、浮かれ気分で声掛けに出かけているかもしれませんね。しかし女性に「危険な人だ」と思われてしまっては連れ出しも上手くいきません。

安全なナンパ方法を身につけて、楽しくナンパライフに励んでみてください。

危険なナンパの特徴を抑えておこう

女性になぜ危ない人だと思われてしまうことになるのか。

危険なナンパの特徴について理解しておくことで、女性の心理を把握することにつながりますよ。

1.連絡先交換後すぐに着信を入れさせたがる

女性はしつこいナンパ師に対して、適当な番号を伝えてしまうことがあります。

それだけならいいのですが、その場を去らずに「今ここでかけてみろ」というのは一触即発の自体。

女性にとっても嘘の番号を教えたことがバレてしまいますし、男性にとっても嘘の番号を教えられた怒りから何をしでかすかわからなくなってしまいますよね。

このようにお互いにとって不幸なので、ナンパしてゲットした番号をその場でかけさせる行為はおすすめできません。

もっとスムーズに、今ならLINEなどを交換することで、直接連絡が取りやすいというメリットがあるでしょう。

2.頻繁にボディタッチをする

ナンパした女性というのは当たり前ですが見ず知らずの他人なので、いきなり体をさらわれていい気になることはありません。

むしろ「いきなり触ってくる危ないやつだ」と認識されてしまうので、最初は真摯な態度で、ボディタッチなどしないのがベターです。

どうしてもボディタッチしたいなら、連れ出し後にお酒を入れてから、お互い雰囲気が盛り上がってきた段階でボディタッチをしましょう。

その後エッチできるかどうかもボディタッチの反応次第で分かりますので、エッチができるかどうかの指標としても利用できますね。

3.サングラスをかけたナンパ

また、見た目に関しても女の子側からしたら「危険なやつだ」と認定されてしまうナンパがあります。

サングラスをかけた状態でのナンパは、やっている本人からすればかっこよく映るかもしれませんが、やられている方からしたらただの不審者です。

ジョニーデップのようなイケメンならまだしも、一般男性にサングラスをかけられて、顔もよくわからない状態で話をするのは想像以上に怖いですよ。

立場を入れ替えて考えてみてください。自分より大きい人が、サングラスをかけて身振り手振りを交えて話しかけてくるさまを。

「これから自分を食べてしまう算段でも企てているのではないか?」と危ぶんでしまいますよね。そういうことです。

ナンパにおいて、顔の表情も大切になってくるので、サングラスなしの素敵な笑顔を見せてください。

ナンパは安心感を意識すれば怖くない

ナンパは安全に楽しめば女の子もゲットできますし、お互いにとってwin-winな関係を築けますよね。

しかし危険なナンパをしてしまうと、女の子を萎縮させてしまうことにもなるので、おすすめできません。

「とはいえ、ナンパの経験値が少ないから女の子に怖がられてしまうかもしれない」と不安に思う男性もいるかもしれませんね。

そんな場合には、ネットナンパを試してみる方法がおすすめ。

ネットナンパならテキストベースでメッセージのやり取りができるので、いきなり怖がられる心配というのがありません。

またお互い恋活・遊び目的で利用している男女ですから、出会いに前向きな関係を前提としてやり取りできるのがメリットですね。

おすすめのサイトはsanmarusanで、出会い系型風俗マッチングサービスと名付けられていることから分かるように、風俗嬢など夜の仕事をしている女性がメイン層のマッチングサービス。

マッチングしたら確実にサービスが受けられますし、料金は個別に相談してみてください。

利用者1900万人&「このアプリを通じてセフレになった」という口コミも見受けられますので、安心してネトナンを楽しみましょう。

コメント